肩こりの原因と手軽にできる改善方法

生活じゃーなる

日常的に感じやすい不調の一つが、肩こりです。たかが肩こりと放置していると、頭痛やめまいなど様々な症状を引き起こすことも少なくありません。

さらに、酷い肩こりになれば集中力の低下など仕事や日常生活に影響を及ぼすこともあるものです。そのため、肩こりが起きていることを自覚しているのであれば、早めの対策が大切です。

どうして肩こりが起きるのか、そして気づいた時にどんな対策ができるのかを簡単に見ていきましょう。

肩こりが起きる原因は様々

肩こりが起きる原因の一つが、頭の重さによる筋肉疲労です。5㎏以上の人の頭を日々支え続けている肩は、普通に生活をしているだけでも大きな負担がかかった状態となっています。

正しい姿勢をしていれば、頭の重さによる負担が和らぐことになりますが、姿勢に問題があれば肩への負担は想像以上に大きくなります。猫背になりがちな人は勿論、パソコンやスマホを操作する時の姿勢が悪い人などは肩がこりやすくなると考えておく方が良いでしょう。

もう一つ肩こりの原因となりやすいのが、血行の悪化です。血行が悪く、貯まった老廃物を上手く取り除けない状態になるとこりや痛みが起きやすくなります。

血行不良は、運動不足だけでなく、ストレスによって引き起こされる自律神経の乱れによっても起きるものです。眼精疲労と同時に肩こりが起きるのも、自律神経の乱れなどから血行不良が起きているためと考えられています。

肩こりになっている時はストレッチや血行促進を

姿勢が悪く肩回りの筋肉が凝り固まっている場合は、マッサージやストレッチでこりを緩和していくことがおすすめです。

デスクワークなど同じ姿勢が続くことが原因で肩こりが起きている場合は、肩を中心に腕を回す、後ろ手に組んだ手を引っ張り上げるような形で肩周り筋肉をほぐしていくと良いでしょう。腕を回したり伸ばしたりするだけのストレッチであれば、座ったままでも手軽に行えます。この時、肩だけでなく肩甲骨の動きも意識すれば、より高い効果を期待できるようになるでしょう。

自律神経の乱れなどから肩こりが起きている場合は、温めることを考えることも有効です。入浴はシャワーで済ませるのではなく湯船につかる、温熱効果のある湿布を使うなど、肩回りをしっかりと温めれば血行が改善します。ウォーキングなど全身の筋肉を使うような運動も、肩こり解消に役立ちます。

参考:肩こりの原因や症状、改善方法などについては千葉市の接骨院、城ノ戸接骨院のサイトにも詳しく解説されています。

自分では解決できない場合は整体や接骨院などに相談するのも一つの方法です。様々な治療や改善方法を試す中で自分に合ったものが見つかることも多いので、いろんな選択肢があったほうがいいでしょう。

肩こりは早めに解消を

一時的に肩こりを緩和しても、すぐにまた肩がこってしまうと、あきらめムードになっている人もいるでしょう。しかし、改善しないからと放置をしていれば、仕事や日常生活にまで支障を与えてしまうことも少なくないものです。そのため、肩こりになりやすいのであれば原因を考え、それに合わせた対策をしておくことがおすすめです。

瞬間的に肩こりを緩和して終わりではなく、姿勢の悪さが原因となっているのであれば、正しい姿勢でいることを心がけるなど再発防止を心がけておけば、肩こりの悩みが軽減していくことになるでしょう。ストレスが多い生活をしているのであれば、ストレス解消法を身につけるなど、できる対策はしっかりと行っていくことで、肩こりに悩まされにくい状態を作れます。

タイトルとURLをコピーしました