自賠責だけでは足りない!車を運転するなら任意保険(自動車保険)は必要

生活じゃーなる

自動車保険は、車を運転する人であれば、必ず入っておいた方が良い保険ですが、自動車保険と一口に言っても、いくつか種類があります。

まずは自賠責保険です。

自賠責保険について

ご存じの通り、自動車保険で欠かせないのが自賠責保険です。これは自動車を運転する人は、強制的に入らされる保険で、自賠責保険に加入していない場合には車検に通りません。

自賠責保険とは、いったいどのような保険かというと、自動車やバイクを運転していて、誰かを傷つけてしまった、死亡させてしまった場合の補償をしてくれる保険です。

死亡させてしまった場合には、3000万円、けがをさせてしまった場合には、120万円まで保険から支払われます。けがをさせてしまい、被害者側に後遺障害が残ってしまった場合には、75万円から3000万円、重度後遺障害の場合には4000万円まで保険から支払われます。

自賠責保険に入っていなかった場合に、交通事故の加害者側が、お金がないとなると、被害者はけがの治療ができなかったり、死亡時の慰謝料となるお金が入ってこなかったりと、大変なことになるので、強制的に加入するシステムとなっています。

時々うっかりと車検を忘れてそのまま乗っている人もいますが、単に車検切れだけじゃなくて、自賠責保険も切れている状態になるので、万一事故を起こしてしまった場合に大変なことになりますので、車検は絶対に忘れないようにしましょう。

次は、自動車の任意保険です。

自動車任意保険について

一般的に自動車保険と呼ばれているのは、この任意保険のことを指すことが多いです。

車を運転していて、誰かにけがをさせたり、死亡させてしまった場合だけでなく、自分や相手の車を傷つけてしまった場合や、塀やガードレールなどを傷つけてしまった場合、自分がけがしたり、死亡した場合にも、保険の適用となります。

もちろん最初の契約内容にもよるので契約前にしっかりと確認は必要ですが、車を運転していて起こる様々なシチュエーションでのトラブルに対応していて、同乗者にも降りる保険です。

人間は、けがをしなくても、傷ついた車や塀などにぶつけてしまうと、莫大な弁償をしないといけない場合もあります。信号機や、1000万円以上する高級車を傷つけてしまった場合には、弁償額も高額になるので、できれば入っておきたい保険です。

自動車保険は、補償額の範囲で種類は様々なので、自分の運転キャリアを検討しながら、補償範囲を定めていきましょう。

おすすめ通販型自動車保険はここ

最近になって特に増えてきた通販型自動車保険、いわゆるダイレクト型自動車保険ですが、そのおすすめのひとつに三井ダイレクト損保があります。

三井ダイレクト損保は、多言語事故対応サービスや契約更新から事故対応までスマホひとつでできるアプリのサービスがあったりと非常に使い勝手も良く人気の保険です。

また、インターネットからの申し込みで割引の適用になるなど、保険料もぐっと安くなっています。これから自動車保険を検討されている方はぜひ三井ダイレクト損保の口コミ評判をネットで検索してみてください。

自動車保険はキャリアで決まる

今回は、自動車保険についてレクチャーしていきました。

自動車保険の種類も、自賠責や任意保険と種類があります。保険の額も、年齢や、運転経験や、無事故のゴールドの免許証なのか?といった点でも、自動車保険の金額が大きく変化してきます。

免許を取りたてで、20歳未満といった若い方や高齢者は、どうしても自動車保険の金額は高くなってしまいます。自動車にかける保険なので、一つの自動車を、家族3人で運転する場合にも、自動車保険の金額は変わってくるので、様々なパターンをシュミレーションしていきながら、自分のライフスタイルにマッチした自動車保険をセレクトしていって下さい。

特に運転経験が浅い方は、自動車保険の補償は手厚くしておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました