日本にいながら英語力アップ!1ランク上の自分になれる

なるほどだいありー

世の中、資格取得やキャリアアップでスクールに通ったり通信教育を受けるビジネスパーソンはたくさんいますよね。

もちろん、今すぐは無理だけど、何年か後には・・、子どもが小学校・中学校に入ったら仕事を見つけたい!今より収入の良い仕事に移りたい!そんな風に考えている人もいると思います。

でも、まとまったお金は用意するのが難しい。小難しいテキストに取り組む余裕なんてない。仕事も忙しく時間はない!

そこで、今までの生活をつづけながら、ひそかに英語力をアップできる勉強をご紹介します。

朝の通勤電車中にアプリでTOEICスコアアップ

スマホに学習アプリを入れておき、毎朝1つずつ挑戦してみましょう。

電車が来るわずか数分でこなすことができます。

ただしここで注意があります。ここで、気合を入れ過ぎて「会社の最寄り駅に着くまでずっとやろう!持っている時間は最大限有効に使おう」と思うと、すぐに疲れてダレてきてしまい、結局続かなくなってしまいます。

はじめは気軽に、無料版のアプリをダウンロードしておき、チャレンジ。1回あたり1分程度で終わるように工夫されているので、すぐに終わることができます。

次の日は、前日チェックした場所をもう一度やるものいいし、新しい問題にチャレンジするのももちろんアリ。自分の好きなところから手をつけて、広げていくのが楽しく続けるコツです。

できない日があっても、問題の答えがほとんどわからなくてお手上げだったり、出来栄えがいまいちだとしても、気にしないことがコツです。ゲーム感覚でサクサク進みましょう。ノってきたら、どんどん次へ、次へと進んでいくとよいでしょう。

英語アプリについてはこちらのブログ(【英語アプリおすすめ】TOEIC985の俺がガチで紹介!)がめちゃくちゃ詳しく解説されているのでぜひ一度ご覧ください。

お昼休みに電子書籍で1フレーズ

お昼休みの残り5分で、英文の電子書籍(有料版でも読んでみたいものがあるならそれでも良いし、昔の名作文学は無料でダウンロードできるものもたくさんあります)から1フレーズ、チャレンジしてみましょう。

レベル別に分かれて紹介されているサイトもありますので、むかし読んでみたかった伝記や日本でも有名な話だと、いちいち訳さなくてもなんとなく書いてあることがわかるのでオススメです。

文学で読みたいものがないときは海外のニュースサイト。その日のホットなニュースがトップで出てくるので、SNSでフォローしておき、タイムラインに流れてきた、その日気になったニュースの冒頭箇所だけをサラっと読んでみて、余裕があれば本文も読み進めてみましょう!経済、スポーツ、気になるジャンルでOKです。

翻訳サイトに頼るのも悪いことではありません。試験ではないのでズルでもありません。内容に興味を持って理解するほうがベターです。

本文を読もうとすると、ズラっと並ぶ英文にクラクラしてひるんでしまうかもしれませんが、最初の一文だけでももちろん良いのです。少しずつ、少しずつ、です。

夜、なんとなく見るテレビドラマの代わりに海外ドラマ

なんとな~くテレビをつけたらやっているドラマをボーっと見ているなら、代わりに、シリーズものの海外ドラマを見てはいかがでしょうか?

政治モノや弁護士モノなんかはビジネス用語が頻発するのでオススメですが、自分の好きなジャンルで始めればオッケーです。もちろんアニメでもOKです。海外ドラマは1本あたりの尺が45分以内に収まっていることが多く、途中で疲れることなく1話を見切ることができます。

「じゃあ、英語の映画を見よう!」それでも良いのですが、映画は1本あたり、倍の90分はかかります。これだけの時間と体力をいつも確保するのはなかなか大変で、とちゅうで息切れしてしまうかも。。。

お気に入りの作品を見つけたら、字幕版を見ていれば話の流れはなんとなく頭に入っているので日本語字幕なしにしてみましょう。さらに、そのあとは、英語字幕つきで見てみれば、内容の理解はカンペキに近づけます!

日本語字幕は便利ですが、原作の字幕を見ると「えっ、こんなこと言ってたのか」と斬新な驚きがあることが多いですよ。

毎日少しずつ、見えない階段を上がっていこう

今すぐ英語力がモノになる方法はありませんが、毎日、楽しみながら少しずつ少しずつ、見えない階段を登っていく気持ちで「できそうなものから」気楽に取り組んではいかがでしょうか。

一日サボってしまうと、「あ~やっぱり続かないなあ」なんて思ってしまうけど、そんな日ももちろんあります。気にせず、また気軽に再開すればOKです。

三日坊主でも、一日おいてまた三日坊主、そしてまた一日おいて三日坊主になったとしたらもう9日間やったことになります。後ろを振り返れば、とてつもない量をこなしたあなたの歴史が積みあがっていますよ。

地道にやっていたつもりはなくても、この、毎日のほんのわずかな時間を使って楽しみながら取り組んできたあなたは、その事実にビックリしつつ、きっと実力も1ランク上がっていることでしょう。ためしに、昔挫折した教材をもう一度開いて、1ページだけやってみてください。

タイトルとURLをコピーしました