40代のファンデーションは色選びが重要!魅力アップのための5つのコツ

未分類

40代は肌の変化が起こりやすい年代。そのため、これまで使ってきたファンデーションでは色が合わないと感じたり違和感を抱く事もあるでしょう。ファンデーションはメイクの基本でもあるため、色選びを間違えると大きく印象が変わります。

今回はそんな40代のファンデーションについて、上手な色選びの仕方をご紹介します。

40代のファンデーションの色選びは素肌感が重要

40代は、特にファンデーションの色選びを慎重にすべきでしょう。多くの人が顔の肌色を基準として色選びをすると思いますが、大切なのは首の色との差がない事です。この差が少なければ厚塗り感がなく、素肌に近いナチュラルな仕上がりになります。

見るだけで作りこまれた印象を受けるメイクは20代であれば違和感がありませんが、40代ではやりすぎ感が否めません。さらに、逆に老けて見せる事もあります。魅力的に見せるにはできる限り自然な印象にする事が大切でしょう。

首と顔の境目が目立たないようにするには、色選びと共にファンデーションを顔全体に塗らずに、フェイスラインはごく薄く手やスポンジに残ったものを伸ばすようにしたり、色を2色選んで顔の中央に明るい色を使用するのもひとつのテクニックです。

失敗のない色選びの方法

ファンデーションの色選びは、できれば売り場で直接素肌に付けてもらうと失敗がありません。その場所の光の加減、また時間が経つにつれ肌の見え方は変わってくるため、できれば直ぐに決めるのではなくその日1日様子を見てから決めるのがベストです。

顔に塗るのが無理な場合には、腕の内側につけて色選びをするのも良いでしょう。また手の甲は基本的に顔よりも肌のキメが粗いので、手の甲にファンデーションを付けて仕上がりが問題なければ顔に使ってもファンデーションがキレイにのると判断ができます。

下地の色選びも重要

40代は肌のくすみや色むらが起こる可能性も高いため、ファンデーションの色選びと共にメイクの仕上がりを左右する下地の色選びも重要になります。正しい下地の色選びができれば、肌の印象が良くなる可能性があるのです。そのため、化粧下地とファンデーションをセットとしたベース作りを考えると良いでしょう。

赤みやニキビ跡が気になる場合には、グリーン系の下地を使うと効果的です。ただし、顔全体にではなく赤みが気になる部分にのみ使用しましょう。くすみが気になる人は、オレンジやイエローなどの黄色系を使用すると肌のトーンアップが可能です。血の気が少なく顔色の悪さが気になる人は、ピンク系の下地で血色の良い印象を与えると良いでしょう。

化粧下地の色選びによって、肌のコンプレックスや色むらをカバーする事ができますが、塗りすぎには十分注意が必要です。仕上がりのチェックは陽の当たる明るい場所と蛍光灯の下の両方で確認する事をおすすめします。

保湿効果の高いものを選ぶ

40代になると、肌の色だけでなく乾燥も起こりやすくなります。そのため、これまでのファンデーションよりも保湿効果の高いものを選ぶと良いでしょう。水分だけでなく油分の量も低下している可能性が高いため、日中の乾燥対策は必須。日常的にファンデーションを使うのならなおさら、色選びと共にその機能性も含めて選ぶ事をおすすめします。

肌の潤いが保たれれば、それだけで肌の透明感はアップします。ファンデーションの色選びにも違いが出る可能性があるでしょう。

まとめ

40代だけでなく、様々なタイミングで肌は変化します。「なんとなくこれまでと違う」と感じた時にはその時の状態に合わせてファンデーションの色選びをしておくと、いつでも違和感のないメイクができるでしょう。

今は全く問題ないと感じてもいつ変化が訪れるか分からないため、常に自分の肌の状態を観察する事も大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました