スムージーはもう古い!?コールドプレスジュースで栄養素をダイレクトに吸収!

未分類

モデルさん達がお洒落な瓶やパッケージに入った色鮮やかなジュースを片手にしているインスタを見たことありませんか?彼女たちが手に持っているのは、スタイルを維持するために愛飲している「コールドプレスジュース」です。

それって何?自分で作れるの?そんな疑問をお持ちの方に、今回はコールドプレスジュースについて詳しくご紹介したいと思います。

コールドプレスジュースとは?

「スロージュース」と呼ばれることもあるコールドプレスジュースですが、その特徴は低速回転の「スロージューサー」というジューサーで、熱を加えることなく、強力な圧力ですりつぶすことで作られるジュースになります。

通常のジュースを作る際に使う「ミキサー」や「ジューサー」は、高速で回転する刃で材料を切り刻んでジュースを作りますが、これだと出来上がるまでに熱が加わってしまったり、空気に触れることで酸化が進んだりすることによって、栄養分が半減してしまうというデメリットがあります。

それに対してコールドプレスジュースは、30度以下の温度、低速回転(1分間に75~160回転)で材料を粉砕し、強い圧力を与えて時間をかけて絞るので、熱の発生と空気に触れる時間が抑えられ、野菜や果物の栄養分を最大限に活かせるジュースが出来上がります。

スロージューサーとは?

スロージューサーは、普通のミキサーと違い出口が2口に分かれていて、1つからはジュース、もう1つからは絞りカスが出てきます。

ジュースには絞りカスは使用しませんが、カレーやシチューなどに入れたり、パンケーキに混ぜて焼いたりといった使い方もありますね。

細かく切った野菜を入れますが、一気に入れると出口が詰まってしまうので、1つずつゆっくりと入れなければいけないのに手間取り、1杯のジュースを作るのに5分位かかる場合もあるでしょう。

しかし出来上がったジュースは、野菜と果物の甘みがたっぷり詰まっていて、レモンなどの酸っぱい材料を使っても「お砂糖入れたっけ?」と思うくらい飲みやすいですよ、

スムージーとの違い

さて美容や健康に効果的な飲み物と言えば「スムージー」が大ブームとなりましたが、コールドプレスジュースとはどう違うのでしょう?

一番大きな違いは「繊維質」の量です。

スムージーはミキサーを使用して材料を細かく砕いた飲み物なので、材料に含まれている繊維質が残りやすく、食感もドロッとした感じになりますよね。対してコールドプレスジュースの場合は繊維質が取り除かれるので、サラッとした飲み心地になります。

どちらも様々な効果が期待できますが、置き換えダイエットで満腹感を得るのが目的なら「スムージー」を、栄養分だけを効率よく摂りたいというなら「コールドプレスジュース」がオススメということになりますね。

野菜ジュースなの?

サラッとした飲み心地なら、野菜ジュースと同じってこと?という話になりますが、実は少し違うんです。

市販されている野菜ジュースには「濃縮還元」と「ストレート製法」の2種類がありますが、どちらにしても製造過程で加熱処理が行われます。

野菜や果物に含まれているビタミン類や酵素は熱に弱いという特徴があるので、それではほとんどが破壊されてしまいます。よく「1本でレモン3個分のビタミンが摂れる!」というキャッチフレーズで売り出されている野菜ジュースがありますが、これは化学的に合成されたビタミンが後から添加されたからです。

つまり「コールドプレスジュース」は、ダイレクトに天然の栄養素を摂取することができるということですね。

コールドプレスジュースの効果

便秘解消

野菜には便秘に効果的な食物繊維が豊富に含まれていますし、その他にも良質の栄養素をダイレクトに摂取することができます。さらに余分なモノが入っておらず、胃や腸に負担がかからないので、便通がスムーズになりますよ。

美肌効果

便秘が解消されれば、体内に蓄積されていた老廃物や毒素が排出されるので、肌荒れやニキビの原因がなくなります。

むくみ解消

野菜や果物には、体内でむくみの原因となる「ナトリウム」を排出する働きがある「カリウム」が豊富に含まれています。

また酵素の働きによって血流が良くなるのも、むくみを解消してくれる効果があるでしょう。

内臓機能回復

コールドプレスジュースはほぼ水分なので、消化・吸収による内臓の負担を減らすことができます。二日酔いや食べ過ぎた日の翌日なんかにはオススメですよ。

ジュースクレンズダイエット

美容や健康に敏感な海外セレブの間で流行っているのが「ジュースクレンズダイエット」ですが、これは食事の代わりにコールドプレスジュースを飲むことで体内をキレイにするという美容にも健康にもダイエットにも効果的な方法です。

ジュースクレンズダイエットのメカニズム

毎日3回食事をする生活によって、体内の消化器官は休みなく働いていますが、ジュースクレンズダイエットを行って内臓を休ませてあげることで、消化に費やされていたエネルギーが他のことに利用できるようになります。

例えば身体の再生能力に使われれば、肉体的にも精神的にも活性化されて、あらゆる悪影響を取り除くことができるでしょう。

オススメのコールドプレスジュースレシピ

デトックス用コールドプレスジュース

材料
キュウリ     1本
小松菜      1枚
りんご      1/2個
パイナップル   1/3個

キュウリとりんごにはカリウムが豊富なので、体内のナトリウムを排出してむくみを防止します。

小松菜は鉄分やビタミンCが豊富な万能野菜なので、毎日でも摂りたいですね。しかし青臭さが気になる場合もあるので、りんごやパイナップルで甘みをプラスしましょう。

アンチエイジング用コールドプレスジュース

材料
トマト     2個
セロリ     1/2本
ニンジン    1本
りんご     1/2個
バジル     5~6枚

トマトには老化防止効果が強い「リコピン」が含まれているので、体内の活性酸素を取り除いてくれます。また他にも様々な栄養素が含まれているので、ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざもあるほど健康的に良い野菜なんですね。

そんなトマトと相性が良いハーブがバジルです。さらにバジルもβカロテンが含まれているので、抗酸化作用が期待できますよ。

疲労回復コールドプレスジュース

材料
パイナップル   1/4個
オレンジ     1個
ライム(レモン) 1/2個
パセリ      2~3本
生姜       1片

パイナップル、オレンジ、ライムに含まれている「クエン酸」は、疲労物質と呼ばれる「乳酸」を分解してくれるので、疲労回復効果があります。

乳酸は疲れがたまると発生しますが、発生する速さが分解する速さよりも早くなると、体内に蓄積されるので、「ちょっと疲れたな」と感じたらすぐにこのジュースを飲んで、乳酸を分解してしまいましょう。

眼精疲労回復コールドプレスジュース

材料
ほうれん草     1枚
パパイヤ      1個
ブルーベリー    30~40粒
レモン       1/2個

パソコンを使って仕事をする人が増えていますが、1日の目の疲れを取るにはやはりブルーベリーが効果的です。

さらに目に良いと言われている「βカロテン」が豊富なパパイヤ、視力回復効果が期待できる「ルテイン」を含んでいるほうれん草もポイントになりますよ。

コールドプレスジュースで効率よく栄養素を取り入れる!

コールドプレスジュースが人気の理由がわかっていただけましたか?

自宅で作るとなるとジューサーから揃える必要がありますし、時間も手間もかかりますが、最近ではコールドプレスジュース専門店が増えてきたので、是非利用してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました